☆lino manaolaraとはハワイ語で“きらきらした日々”という意味です。

こどもたちと私の周りの素敵な人やお気に入りをきままに綴っていきます。


☆ハンドメイドのぬいぐるみ・ファブリックブランド ksh.をWEB SHOPで展開中!

ksh. → http://atlierksh.cart.fc2.com/
<< SMILE 伊勢丹にて開催のお知らせ | TOP | 国立巡り  その一 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
判断  長文




3連休、旦那さんの方の法事があり

行くことになっていました。

でも、その2日前から次男

想友(そうすけ)が高熱で迷う。

病院で頓服薬をもらうと翌日には下がりました。

それでも咳はしていたし

不安が残るので私としては

想と私は行くのは諦めようと思ったけど

広島なのでなかなか行けないし

旦那さん方だったので

止めたいとハッキリ言えず・・・。



結局最終判断を旦那さんに任せたところ

お義母さんが会いたがっているからと

のことで行かせる事に。

気持ちはとても分かるので私も了承。



しかし、新幹線に乗る予定時間の上に

ハプニングで更に1時間も缶詰。


疲れていたはずなのに

その上炎天下のお墓参りで

グングン熱が上がったようでした。


ここでも車の中で休ませてあげたいと言う

勇気がなく連れて行ってしまいました・・・。



その後のお食事の席で

眠いと横になってしばらくすると

白目をむいてブルブルと震えだし唇は紫に。


明らかに熱性痙攣


一度なってはいますが

実家で両親が見ている時だったので

私自身は初めてでした。


本当に後悔先にたたず。


親としての判断が間違っていたのは明らかです。

こんな形でしわ寄せが子供にいくなんて

あってはならないこと・・・


5分以上続いたら病院へと

いいますがやはりすぐ救急車を呼ぶ方がいいとも

思いました。

だって5分様子を見てから救急車が

到着し病院へ着くころは時間が経ちすぎています。



今回も想は最初ほどではありませんが

30分程度まで意識はもうろうとして

痙攣時間が長いので脳に影響があるかもしれない

とまで言われたのですから。




結局4日間の入院。







とにかく今は元気に復活しましたが

今回の件は猛省です。




親が子供を守れなくて誰が守るのか。


分かっているはずなのに出来なかった。

今後肝に銘じて子育てをしていかなくては!!!!




 

 

 

posted by hiwalani | 14:28 | family | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 14:28 | - | - | - |
コメント
大変でしたね。でも想さま元気になったとのことで、安心しました!子供を守るのは親としての責任だけど、義親戚の集まりだと、嫁としてなかなか自由にはならないですよね。yuriさんの辛かった気持ちすごくよく分かります。
看病疲れが出ないよう、ゆっくり休んで下さいね。
2010/07/26 13:46 by hanaママ
hanaママさん

こんにちは!お元気でしたか??
コメントありがとうございます♪
嫁として・・・なんてちゃんと考えてはいなさそうな私でも
それなりに考えていたりして(笑)

hanaママさんもそんなことがあったのかしら??

お互い頑張りましょう〜!

ISETAN、遠くて無理だろうとは思いますが
もし・・・もし来て頂けるようなら是非是非
来てくださいね!
2010/07/27 08:55 by yuri
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://linomanaolana.jugem.jp/trackback/619
トラックバック
Search this site